更年期障害の症状を改善する方法はたくさんある

女性

ホルモンの影響

看護師

更年期障害の症状は人により異なります。そのため、治療法にも個人差があります。症状や程度に個人差がありますので、焦らないということが大切です。更年期障害が疑われる場合には、必要に応じて医療機関を受診するようにしましょう。

この記事を読む

多岐にわたる

ウーマン

更年期障害の症状は、非常に多岐です。身体的なものでは、自律神経の制御不能、ホルモンバランスの変化が原因で、身体に痛みが出たり、不眠、ホットフラッシュなどが見られます。精神的なものでは、うつ、不安、イライラの症状が見られます。外部環境の変化も精神症状を促しますから、発症する可能性が高くなります。

この記事を読む

早く解決したい病気がある

笑顔の女の人

更年期は楽にできる

女性にとって更年期という時期はとても辛いと言われているわけですが、いったいどんな症状になるのか気になります。 女性であってもすべての人に症状が出るわけではなく、更年期障害を経験しないですむ人もいます。 更年期障害の辛い症状を経験する人と、そうでない人にはどのような差があるのかと言いますと、大きな違いに性格的なものが影響します。 普段、真面目で几帳面なタイプは、更年期障害の症状が強く出る傾向にあります。 なにも本人に責任があるわけではないのですが、真面目な性格が病気を重くするのです。 更年期障害の症状としては、激しい動悸や不安感、頭の重さや異常な発汗などがあります。激しいストレスにさらされた際の症状とも似ているので、ストレスが原因なのではと疑ってしまう方も多いでしょう。ただしこれだけでなく、脱毛や冷え症、偏頭痛のような痛みや耳鳴りといった自律神経以上の症状も見られます。

体を休めること

更年期を明るく過ごすためにも、不快な症状を解決していく必要があります。 そこで更年期障害の解決法が課題となるわけですが、辛い胸の内を誰かに相談するというのが大事です。 更年期障害は気持ち次第で、良くも悪くも変わっていくのでいつも楽な状態でいられるようにしておきます。 家族に症状を打ち明け、一緒に病院に行ってもらったり、家事を手伝ってもらったりなどのサポートを受けるとよいでしょう。うつ病などと同じく無理が症状を悪化させる病気なので、治療中はゆっくり休んで休養に専念することが大切なのです。病院での服薬治療と話し合い、そしてストレスケアが治療には欠かせない要素と言えます。

ホルモンの減少

悩むウーマン

更年期障害は、女性に限った病気ではありません。男性にも同じような症状がみられます。男性ホルモンのテストロンが減少することで、性欲の減退や気持ちのムラといった症状があらわれます。治療には男性更年期外来のある病院やクリニックが人気です。

この記事を読む

Copyright© 2016 更年期障害の症状を改善する方法はたくさんある All Rights Reserved.